毛穴を詰まらせてしまうかもしれないお風呂での美容とは!?

お風呂に入っての毛穴ケアをはじめとするスキンケアは、気持ちがいいですし、時間短縮にもなることから「ながら美容」をしてる人も少なくないでしょう。ですが、この「ながら美容」も間違った自己流の方法だと逆に毛穴を詰まらせてしまうこともあるので注意が必要です。

お風呂に入って汗をかくことで老廃物を出し、毛穴の汚れも落ちやすくするメリットがありますし、なにより気持ちがいいですよね。だからこそ、お風呂でのせっかくのお手入れの効果を得られるためにも、お風呂でのNG美容を知っておきたいですね。

メイクを落とさず入浴する
メイクを落とさず、かかり湯をしただけで入浴していませんか?これも毛穴を詰まらせる大きな原因に一つとなります。メイクを落としてないことにより毛穴が開ききれなくなってしまいます。なので、毛穴の汚れが取れないだけでなく、窮屈になったために肌にストレスを与えてしまいますので、スキンケアとしても逆効果となってしまいます。

お風呂から上がる時にシャワーだけ
身体を洗った後、もしくはシャンプーを終えた後は湯船につからずにそのまま上がっていませんか?
そのまま上がった方が清潔っぽく感じますが、一度湯船につかって新陳代謝を高めてから上がった方が良いでしょう。毛穴ももう一度広がり、上がった後の化粧水などの浸透も良くなるはずです。

お風呂だからと言ってパックを直塗り
お風呂で水分があるからと言って、パックを直接塗っていませんか?
確かに水分が多いので、直接塗ってしまうかもしれません。しかし、これではパック本来の美容成分などの有効成分がお肌に浸透しきれなくなってしまいます。なので、パックは化粧水や乳液などで肌を整えてから使う方が断然効果も違ってくるでしょう。
パックだけは「ながら美容」でない方が良いかもしれませんね。
お風呂美容も正しく取り入れることで、毛穴を詰まらせないように意識したいですし、間違ったNGケアをしないように気を付けたいですね。